デリケートゾーン黒ずみにくよくよ悩んでいる女子は経験不足!と思っている人もいますが、やっぱり気になるデリケートゾーン黒ずみ。解消するためにクリームを買ったけどイマイチ効果がない・・美白解消クリームを間違った使い方してませんか?

デリケートゾーン黒ずみに悩む前に使うべき市販の原因解消クリーム

デリケートゾーンの黒ずみ解消について

デリケートゾーンの黒ずみ対策にハイドロキノンを塗ろう

更新日:

ハイドロキノンはデリケートゾーンの黒ずみに効果があるのか?

デリケートゾーンの黒ずみを無くしたいのであれば、ハイドロキノンを使うといいと聞いたことはあるでしょうか。ハイドロキノンとは、非常に強力な美白作用があるクリームのことです。市販されておらず、基本的にはトレチノインと一緒に皮膚科で処方されることが多いです。したがって、デリケートゾーンの黒ずみに、ぜひこれを使ってみてください。肌のターンオーバーを促進させるようなクリームと一緒に使うことで、かなりデリケートゾーンにできた黒ずみを薄くすることができます。また、刺激が強いので、どうしてもデリケートゾーンの周辺に使用するときには注意してください。トレチノインとハイドロキノンは塗り方を間違ってしまうと、刺激が強すぎるために肌荒れの原因になるので注意しましょう。ハイドロキノン自体は皮膚に浸透しにくいので、トレチノインでそれを補う必要があります。したがって、一緒に塗ることになりますが、塗り方に関しては皮膚科医から指導があるのでその通りにして間違いのないようにしてください。たくさん塗ればいいという物ではなく、適量を塗り続けることで効果を発揮するので、その点は理解しておきましょう。1日1回程度塗れば大丈夫です。

デリケートゾーンの黒ずみに有名なハイドロキノン!

ハイドロキノンはデリケートゾーンの黒ずみ対策のためにはとても有効だとされています。黒ずみができている箇所には、まずは保湿力が高い化粧水などを塗って肌の乾燥を防いでから使うことで効果を発揮します。ただ、薬なので人によっては副作用が現れることがあります。副作用としては、例えば炎症のような症状が出たり、白斑が皮膚に現れたりしたり、皮膚が剥がれてしまうような症状です。そのようなときには使用をストップして、医師に相談してください。無理に使用するとかえって肌を痛めてしまうので気をつけてください。ハイドロキノンは市販の化粧品にも使用されていますが、濃度が低いことが多いです。皮膚科で処方されるものは濃度がとても高いので即効性があります。ただ、その分刺激が強いということがネックなので、実際に使うときには量については守ってください。使用していて副作用が出てしまったら、3日ほど日を空けてから使うと症状が落ち着くので問題ないことが多いです。刺激が強すぎると使用を控えた方がいいですが、肌に合うのであればこれほどデリケートゾーンの黒ずみを早い段階で無くす効果のある商品はないので、ぜひ使ってみましょう。

デリケートゾーンの黒ずみにはハイドロキノンがとてもお勧め!

ハイドロキノンはデリケートゾーンの黒ずみにとても効果があるクリームとして知られています。今では皮膚科やクリニックなどで処方されていることが多いですが、欧米では盛んですが日本においてはあまり馴染みがありません。したがって、あまり知られていないことがありますが、口コミサイトではハイドロキノンのことはよく話題になっています。実際に肌に対して有効なので専門の皮膚科でしっかりと指導を受けながら使用しましょう。塗るときには粘膜に入らないように注意してください。粘膜内に入ってしまうと、デリケートゾーン内にある善玉菌まで殺菌してしまうので注意してください。ただ、あまりにも刺激が強すぎるのであれば、まずはデリケートゾーンの黒ずみ用のクリームを使ってみるといいでしょう。デリケートゾーン用クリームであれば、パイナップル豆乳ローションやホスピピュアなどが有名です。ハイドロキノンが入っていなくてもトラネキサム酸などの効果によって肌を美白できるのでぜひ使ってみてください。

-デリケートゾーンの黒ずみ解消について

Copyright© デリケートゾーン黒ずみに悩む前に使うべき市販の原因解消クリーム , 2018 All Rights Reserved.